マギレコ攻略速報|マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝(マギレコ)攻略・まとめ速報

186PV

春を告げる夜

TVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」にてラスボスを務めた「ワルプルギスの夜」についての小ネタを魔女との関係を踏まえた上で紹介しようと思います。

まどマギ世界のワルプルギスの夜


まどマギ世界におけるワルプルギスの夜は、無力の性質を司る「舞台装置の魔女」とも呼ばれています。

この世の全てを戯曲に変えてしまうまで、無軌道に回り続け、物語の舞台である見滝原市にやってくることが決定づけられていて、本編の事実上のラスボスに当たる魔女です。

この魔女との戦いの行方は自分の目で確かめるべし。

実際のワルプルギスの夜


まどマギ世界でのワルプルギスの夜は、魔法少女にとって災厄に等しい存在でした。しかし、実際のワルプルギスの夜は違うのです。

ワルプルギスの夜は4月30日から5月1日にかけての夜、ドイツを中心にヨーロッパの一部地域にて行われる「春を迎えるお祭り」です。

スウェーデンやフィンランドのような北欧では、大晦日や夏至祭などに続く国家規模の祝宴になっているお祭りで、その光景は観光地として人気になっているようです。

なお、現代では、夜通し酒を飲んだり、パレードしたり、馬鹿騒ぎしたりするただのパーティと化しているらしいです。

魔女とワルプルギスの夜

ワルプルギスの夜は、キリスト教がヨーロッパに普及されていくうちに、異教の祭りとなり、ドイツではこの時間帯を魔女たちの酒宴の場として伝えられるようになったそうです。

ちなみに、ドイツの南側の田舎では、若者が隣人の庭をいじったり、人のものを隠したり、人の私的財産に落書きしたりするという割とシャレにならない悪ふざけをする文化が残っているようです。

・・・よかった、そこに住んでなくてε=( ̄。 ̄;)

まどマギでやってほしかった春のお迎え


魔女の集会という要素が強い、ドイツのワルプルギスの夜に対して、スウェーデンやフィンランドでのワルプルギスの夜は春を迎えるという要素が強いようです。

スウェーデンやフィンランドにおけるワルプルギスの夜は、学生が春の歌を唄ったり、ピエロや仮面をつけた人が人々に笑顔をもたらしたり、ピクニックで家族や友人と食事を楽しんだりして、明るく楽しくその時を過ごす喜びと笑顔に包まれたお祭りなのです。

まどマギの世界におけるワルプルギスの夜もそんな存在だったらどんなによかったか・・・(⑅∫°ਊ°)∫

物語はやっぱりバッドエンドよりもハッピーエンドが心地よい
【話題沸騰!】課金ユーザーに朗報!最大25%おトクに!
【PR】これから期間限定ガチャを回そうと考えている方は、課金する度におトクになるサービス『SMART GAME(スマートゲーム)』がオススメ!
課金の前にSMART GAMEを経由する度にポイントが貯まり課金額の最大25%お得に交換できる!
※ショートカットアイコンをホーム画面に置いておくと便利で す


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

関連記事

コメントを書く

コメントを残す



Custom avatar Custom avatar Custom avatar Custom avatar Custom avatar Custom avatar Custom avatar Custom avatar Custom avatar Custom avatar Custom avatar Custom avatar Custom avatar Custom avatar Custom avatar Custom avatar Custom avatar Custom avatar

Optionally add an image (JPEG only)

このページのトップヘ